So-net無料ブログ作成

2006-02-17CROATIA・DUBROVNIK(クロアチア・ドブロブニク) [☆旅日記☆]

アドリア海につきだした城壁で囲われている都市DUBROVNIK
「魔女の宅急便」の舞台になった場所。

PEACE BOATに乗り行きました。

ここはね全てが石で出来ている都市なんだ。
木とか草が生えてなく不思議な感覚がしたな。
人の手で作りあげたとても美しい所です。
けど1991年のユーゴスラビア内戦の中で破壊され、
所々屋根の色が違うでしょ、これは空爆を受けた跡なんだって。
ここに行ったときの日記をひも解いてみます。


『伝えたい!繋がりたい!』
8時過ぎに日が落ちて夕闇が迫っていた。ドブロブニク、旧市街の美しい街並みに1つ1つ灯がともる。何故自分がここにいるのか少し戸惑っている自分が居る。まだモルディブ、エジプトは自分の中でなんとなくなんだけど行く前から少し掴めていた。けど、ギリシャ当りから今まで触れた事の無いカルチャーがどんどん入ってくる。この感覚は始めてネパールに行った時にも、こんな感じだったかもしれない。けど、けど、ここは本当に本当に凄い!!美しい!!世界にこんな場所が有るなんて信じられない。平和で友好の気で満ち溢れている。地元に人達の表情も豊かだ。日本に居るとクロアチアの情報なんて全く無いに等しい。多分皆もクロアチアと言うとサッカーか戦争のイメージが有ると思う。そうこの旧市街もたった10年前まで戦火にさらされていた。城壁の上は遊歩道に成っていて街を見下ろせる。全ての屋根はオレンジ色で、新しい瓦に成って居る所はきっと砲弾を受けたのだろう。ほんの一部だけど壊された家とか有ったりする。何で人は戦うんだろう?なんで人は人を殺したり出来るんだろう?普段思わない事を街を見て思う。けど、風は優しく吹いてくる。

聖ブラシウス教会前の広場には、沢山の人だかりが出来ている。こんな場所でパフォーマンスが出来るなんて、本当に幸せだ。ピースボート、スペースとKOH-TAOのジョイントイベント。ここの人達は僕達の音楽をどんな風に受け止めてくれるんだろう。始めにチームスペースのアカペラでの歌で幕開け。美しい声が石から石へと響き渡る。じっと耳を傾けてるクロアチア人のおじさん。不思議そうに眺めている子供達。いよいよKOH-TAOの番が回って来た。始めにメッセージを伝える。日本語→英語→クロアチア語と通訳をはさんでpeace flagをここクロアチアの人達にも是非描いてもらおうと。あちらこちらで質問の声が聞えてきた。ふと見上げると山の頂上に有る白い十字架がライトアップされている。何だか守ってくれているみたい。やっぱりそこには神サマが居てくれて居るんだ。珍しく緊張していたけど、カリンバを手にした瞬間全てから解き放たれる。自分の深い所にも行けるし、あの十字架の所まで意識を持って行ける。体が踊り出す。今こうしてここに自分が居る意味も解った気もする。伝えたい!!つながりたい!!自分を愛して、そばに居る人を愛して、街を愛して、空を、海を、自然を愛して、このマザーアースを愛して!!みんな同じ。特別なんて無い。みんな同じ!!有難う!!ここにいる全ての人達と逢えてよかった!!その笑顔は忘れない。パフォーマンスは終わったけれど、この場所から去りにくい。暫く放心状態でボーっと教会を眺めていた。そういえば自分の幼稚園には大きな教会が有ったな〜。前にも日記に書いたかもしれないけど、僕の幼稚園はマリア様の教会に寄り添うように建っていた。小さい頃、神聖な場所が直ぐ身近に有って本当に良かった。小さいながらもそこで神サマを感じていた。悪い事をするとそこに行って謝ったりしていた。神サマは怒ったりはしなかった。いつも優しい微笑を浮かべていて全てを許してくれた。そんな事を思い出していたらヤスナが声を掛けてきた。彼女はボスニア生まれのジャーナリスト。旧ユーゴ紛争に参加していた兵士のPTSD(心的外傷性ストレス障害)についての研究や、旧ユーゴ国際戦犯法廷の問題にも取り組んでいる。その彼女が近くに素敵なJazzBarが有るからそこでLiveをしないかと。オフコース!!店に入ってみると渋すぎるおっさんがコントラバスを弾いている。その両脇を固めるように多分息子達なんだろう、ピアノとドラムを叩いている。生でJazzを聴くのも始めて。店内も古い作りでいい雰囲気だ。いきなりこんな場所で、、、。ローソクの明かりが揺れている。沢山の影が揺れ出す。踊り出す。インディアンフルート、カリンバ、大正琴の音が沢山の歴史や音がしみ込んでいる石の壁に木霊している。「ヨーロッパに入ったらこんな感じでやっていくんだろうなぁ。」Liveも終わり店もclose。さてこれから海に行って飲もう!!仲間7.8人と向かう。風が出て来た。波しぶきを上げる位強く成って来ている。
あぁ良い気分だ。一晩中カリンバを弾いていた。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0