So-net無料ブログ作成

長文失礼いたします。 あの頃の自分の叫びと「愛」の大切さを知った時 そして今の自分を書いてみました。 [東日本大震災]

長文失礼いたします。
あの頃の自分の叫びと
「愛」の大切さを知った時
そして今の自分を書いてみました。

写真.JPG


1986年に起きたチェルノブイリ原発事故以降に
広瀬隆氏の「東京に原発を」を読み衝撃を受けて
独自で原発の事を勉強してまいりました。

その頃はインターネットなどなく図書館や公演会などに
参加してかなり過激な反原発運動を行ってました。

東京のど真ん中で部屋のブレーカーを落としランプと
ガスコンロ生活を1年近く行い、
バイクで各地の原発を回り
その広報の施設に出向き質問状を渡し
近くにテントを張り望遠鏡片手に
監視の真似事をしてた事も、
夜になると何故か原発が
うるさくなるのも知ってる。

そして・・・
自宅に戻り手描きのレポートにまとめ
何百枚もコピーして近所の個人宅、アパート
マンションへポスティングを、

あたり前のように不審人物扱いで
警察が介入してきて何回もの厳重注意や署への同行を

それでも反原発で突き進んでまいりました。
チェルノブイリ、スリーマイルなど対岸の火事で
まともに話を聞いてくれる人もいなく当然友達も
離れていき暗い夜には悔しくて
悔しくて本気で泣いていました。

何故俺の話をまともに聞いてくれないんだろうと

世間を本気で呪い

仲間といえば少数派の反原発仲間・・・



ある日、気がつきました・・・・

そこに「愛」はありませんでした。。。。

「愛」なくては何事もはじまりません....

空回りな3年間を過ごし・・・・



そして僕の足は原発から

世界への旅に向きました

たくさんの優しさの中

旅をさせてもらい

たくさんの気づきをいただきました

優しさを貪るように

自身を取り戻すために・・・


旅の中で楽器・音楽の素晴らしさに出会い

純粋に夢中になれる事の喜びを知って

少しずつ自分を解放出来るようになりました

そして本当に少しずつですけど

僕の音楽に耳を傾けてくれる人も現れてきて

更なる喜びが更に音楽に没頭させました

自分の中の神さまが喜んでいるのを

感じれるようになりました

そしてアーティストとしての道を選びました

もし僕の奏でる音楽で優しい気持ちになってくれたら

その優しさを周りの方々に分けてあげて下さい

その優しさの連鎖が大きく回って

言葉にしなくても

もしかしたら戦争が無くなるかもしれない

原発よりもっと優しいエネルギーに

気づいてくれるかも知れないって・・・・

本気で思えるようになり

それまでの反原発のことを封印してきました


だけど今回の原発事故で

涙をのんで封印を解きました


なんであのチェルノブイリの時に

僕等は原発を停められなかったのか

きっとあの時の仲間は皆そう思ってるに違いありません

この二年間は自問自答を繰り返し

自分の責任のように感じたり

悔やんだり・・・・

挙げ句の果てか

重い自律神経失調症になったり。。。




だけど今度は「愛」を武器に脱原発運動を

自分なりに展開してます

時々また原発の事って思う方もいると思いますが

その時はスルーして下さいね(^^)

僕は今、停められなければと思ってます

人として二人の娘の父親として

やれる事は精一杯やっていこうと思ってます。

未来は僕等の為にあるのではないのですもの

これから生まれて来る愛おしい命に対して

僕には責任があります

悲しい未来は必要ありません

「愛」溢れる未来に向かってすすんでいきます



最後まで読んで下さった貴方に感謝します。

楽器を片手に「愛」を武器に。。。。。。

ありがとうございました

合掌


...
タグ: 反原発
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

トラックバック 0