So-net無料ブログ作成

僕の世界観を感じてくれて耳を傾けてくれて。。。。 [☆音楽日記☆]

昨夜は素敵な再会を果たせて
あらためて自分の歩いてきた道も振り返ってみた。。。。

10398523_1001660119897967_4408196225584881354_n.jpg


カリンバに素晴らしい可能性を見出した1987年・21歳
それを持ち世界への旅に出たのが1990年
そう、二十数年前にはカリンバって誰も知らなくて、
それでも頑張っていたけど自分にとっては「冬の時代」だった
だけど続けていくと決心をしたものの挫折に挫折を重ね
その度にカリンバの音に癒されてきた。。。。

うん、継続は力なりの言葉を信じて。。。。

今では少しずつだけど僕の周りでは認知度も上がってきて
それには四半世紀以上の時が必要だったなぁ。

僕の後に続いて若いミュージシャンも出てきてるし
それはそれは嬉し限りだよ。

途上でカリンバをメインでCDをリリース出来たり
EUやアジアツアーに行かせてもらったり
オリジナルカリンバ奏者として自身が作ってるカリンバで
フジロックに2回出演したのは日本では皆無だと思う。
和っしょい(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

それは、それは、本当に皆さんのお陰さまの賜物。
僕の世界観を感じてくれて耳を傾けてくれて
僕が作るカリンバに触れてくれて。。。。

この日本でよく聞く言葉で『十年やれば一人前』
えっ!? たった十年やったら一人前になれるんだって?
だったら十年本気に存分にやってみようよ
挫けるかもだけどそこにはしっかりとした
先人が築き上げた道・レールがあるんだもの。

だけど僕が構築してきた道は誰もやってこなかった道
それを見つけられたのがそもそもラッキーだと思う
小さい頃から少しへそ曲がりなところがあって
人と同じことはしたくない性分(^^;;
何かを探し続けてきて、この道を見つけた
そしてこの道を愛せた事がなによりだと感じてる。

だけど道を切り開く、開拓しレールを引いていくには
25年経ってもまだまだな感覚なんだ。
だからまだまだ頑張るしかないものね。

創作・ライブでは1mmも手は抜かない
気力・体力の続く限り、命を削って、、、、、
本気で向き合う そう本気で向き合えるの仕事に出会えて
それは、それは、幸せだと思える人生を歩かせてもらってる。

毎瞬毎瞬に
ありがとうと感謝を胸に
...
‪#‎カリンバ‬ ‪#‎Kalimba‬