So-net無料ブログ作成

人は人に殺されるために生まれてはこない、 そして人を殺すためになんか。○PEACE WALK-10○ [☆PEACE WALK Bali2002☆]

熱狂に包まれたUbud/ウブドのスタジアム、

しかしテロ現場では足が震え、鼓動が激しくなり、
とても追悼の演奏はできなかった。

...

今から14年もの前若かりし僕は灼熱のバリ島に降り立った
そこで様々な想いの中で平和のために独り歩いた。
8年前から書き始めた日記の続きになります。
2014.11/19に開催される
Peace Flag @ 東京・荻窪 インド料理 NATARAJ ~ナタラジ~ 
この企画をしてくださったmumuさん
そしてこのバリで出会った道郎さんに
感謝して筆をとりました。

********************************************************

ここまでの数日はまるで熱狂の中を駆け抜けてきたような感じだ。
道郎さんに誘われて「Planet Bamboo」の
(以下PBと略します)リハにも参加してきた。
PBもピースコンサートの参加が決まっていた。
リーダーのアリフともすぐに良くなりここにいる間
「Planet Bamboo」と一緒に音楽活動をしていこう、
メンバーとして迎えてくれた。音楽と「peace flag」を
広めるために理想的な形もとれた。

DSC01429.JPG


そうこのユニットのリーダーのアリフはジャワ人、
日本人の道郎さん、今は帰国しているけど
アメリカ人の人も入ってる。バリニーズも勿論、
ケチャ隊の人達も参加している。
宗教も様々だバリヒンズー、モスリム、クリスチャン、
ユダヤ教と肌の色も国境も越えて音でつながってる。
楽器の編成もインドネシア・アジア・アフリカの民族楽器を使い
オリジナルの曲を作っている。まるでどこかのユニットと同じ、
そうKOH-TAOとすごく通じている!!そんなとこに
身を置けるなんてあまりに出来過ぎていて、もしかして
人生のピーク!?って思うぐらい。
そしてリハをくり返すたびだんだんとリズムや
小節が掴めるようになってきた。

3988803.jpg


僕はメロディー担当、それに気持ちよくのっけていく。
じょじょにいい感じになってきた。そして、それとは別に
ジャパンコミュニティーのリハ。音楽の道郎ユニットと、
あと合唱隊の練習にも参加していた。合唱は「ふるさと」と
「さとうびき畑」を歌う。実は。。。俺めちゃ音痴、
歌う回路は完全に遮断されている。
日本で時々仕事の関係でカラオケに連れていかれる、
そこで僕が歌うと皆爆笑!! アハハけど皆それを聞いて
自信をつけて家路につく。そこではこういう役目さ。
カリンバを持っていたらリバーブを効かせて弾いてみたりもする。
その演奏と歌のギャップが楽しいらしい。
自分も楽しんでいるしOK!!
だけどいつかは熱唱したいとひそかに思っている。
そんな僕が合唱に加わっていいものか? 流れには逆らえない。
「さとうびき畑」ってみんな知っているかなぁ?トーンの上がり
下がりがあってめちゃ難しい。
隣の人に合せて歌っているけど外しっぱなし。
友だちのトロンの「はずしたっていいじゃない」って
いう歌を思い出した。とりあえず声だけは出しいこう。
だけど歌はかなりのプレシャー、
一人で夜に歌の練習とかしている 
ふぅ~。。。。。。

そしていよいよ当日になった。11/ 9日今日はプリアタン村の
フットボールスタジアムからウブドの
スタジアムまで2時間の予定で歩く。
大きな七夕を3本用意してあった。
短冊に平和へのメッセージをを書いた。
「バリが一日でもはやく復興できますように、
再び平和な日々が訪れますように」

横笛を持って来たんだけど七夕係になって、
それを担いでPEACE WALK!!
そしてpeace flagのチラシを
何人かで手分けして配ってもらってる。
16時近くだったけど陽射しは容赦なく照りつける。あちち!
アスファルトの照り返しが辛い。途中七夕係をかわってくれて、
歩きながら横笛を吹き続けた。こんな歩きながら吹くのも初めて、
暑くてクラクラして何を吹いているのか分らなくなりそうになる。
すぐ近くで写真をバシバシ撮られる。カメラマンが後ろ歩きで
コケそうになったりして、それをフォローしたりもうグルグル。
そしてフラフラのまま夜のステージへ。

驚くことに閑散としていた
スタジアムに3000人を越える人々が集まっている。
それだけで気分が上がってくる。道郎ユニットには一人"さこ”という
ダンサーの女性もいる、彼女は偶然にも「しおのみち三の巻」を
持っていてKOH-TAOのことも知っていた。
アルバム関係者とも知り合いで共通の友だちもいるのが分った。
このバリに「しおのみち」を持ってる人がいるなんて、
まさかKOH-TAOのことも知っているなんてミラクルバリ!!

さこは僕が絵も描くことを知ってボディペイントをお願いされた。
初めてだったけど、手の動きが綺麗に見えるように
自分なりに考えて描いてみた。なかなかそれが好評だった。
ステージの関係で「ふるさと」は皆と並んで歌えなかったけど
自分の立ち位置で声をだしていた。

いよいよ道郎ユニット、ガムランの合図でカリンバから音を出す。
さこがステージを縦横無尽につかい舞う。ジャンベの音から
リズムが紡ぎ出されていく。ティンクレックの乾いた音が会場に
鳴り渡る。それに合せてカリンバを徐々にシャウトさせていく。
DSC01433.JPG


さこがステージ下の芝生でオブジェを使い踊りはじめた。
ステージ上では書家の今さんが平和へのメッセージを書きだした。
途中カリンバを横笛に持ち替えて、天国にいったテロの犠牲者の
人々に届けといわんばかり高く高く音を昇らせていった。

DSC01438.JPG


そう、何日か前にクタのテロ現場に行ってみた。
想像をはるかに越えた惨状だった。。。
半径50mくらいかなメチャメチャに破壊されていた。

DSC01468.JPG


爆弾が仕掛けられていた車の残骸も粉々にだけど
そのままに放置してあった。笛を持っていったけど、
現場に着くと足が震え、鼓動が激しくなり、
とても追悼の演奏はできなかった。たくさんの花束がおいてあり
お香の香りが辺りにたちこめている。あまりのショックで
涙すら出てこなかった。けど自分の中でフツフツと
怒りが込み上げてきた。

どうして!?なんで!?人は人に殺されるために生まれてはこない、
そして人を殺すためになんか。。。なのにどうして!?

あと残念だったのがその現場で記念写真を撮ってる
西洋人!日本人!肩を組んでハイポーズ、ものすごく憤を覚えた。
もう少しで切れそうになってる自分がいた。

だけどそんな人ばかりじゃない、その場に泣き崩れている
若い女の子がいる。その隣に2、3才の子が
どうしたんだろう?みたいな顔でポツンと立ってる。
親を亡くしたのかなぁ。これからこの子達は
どうやって生きていくんだろう。。。
あまりに悲しいすぎた。。。
その時を思い出しながら音を出していた。
悲しみや怒り感情にまかせ音を出していた。

『BALI NOW...MORE THEN EVER』

39888032.jpg


********************************************************
☆PEACE WALK Bali2002☆
http://bun-bun.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300359347-1

********************************************************
...

共通テーマ:音楽