So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.7/26(木) 山下易夏 個展「イシ」オープニングパーティ -場ヒラキ- [☆Live☆]

36365869_1697496503680940_1351845448951791616_n.jpg


ジュエリーデザイナー山下易夏 の作品展
アトムCSタワーではお初の開催となります[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
7月26日、作品展オープニングパーティは、
易夏とご縁が深い「三輪福さん」に舞を、
「KNOBさん」と「BUNさん」に演奏をおねがいしています[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

皆さまの益々の輝きと共にこれからを過ごしていくジュエリーたち...
作品展初日の ー場ヒラキー を心より楽しみにお待ちしています[ほっとした顔][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

ただ今、創造の神さまと創作の日々を過ごしている易夏!
誕生を楽しみにしているジュエリーたちに、どうぞ逢いに来てください[黒ハート]


7月26日 山下易夏 exhibition 2018 「イシ」
オープニングパーティ
https://www.facebook.com/events/2126994897564986/

???????????????????
山下易夏 2018年 個展・販売会を開催します!
2018年7月26日(木)? 7月29日(日)
11:00 ? 17:30 (最終日は17:00まで)
???????????????????

☆ オープニングパーティ☆
2018年7月26日(木)
17:30受付開始 18:00 ? 18:40

ー 場ヒラキ ー

出演:
三輪福(舞)
KNOB(ディジュリドゥ奏者)
BUN(カリンバ&民族楽器奏者)

舞を三輪福さん、演奏をBUNさん、KNOBさんにお願いし、
個展会場を整えていただきます。その後は20時まで歓談を交え、
作品との時間をお楽しみください。


☆ 会費:5500円(ドリンク代込)
・当日受付にてお支払い下さい
・要予約 / 17:30以降は予約の方のみ入場可


☆ ご予約:
山下易夏 /
090-8341-9337
yasuka.yyhump@gmail.com
肥田晴奈 /
090-7863-8060
harunahida@hotmail.com


☆ 会場:
アトムCSタワー8階(White Gallery)
〒105-0004東京都港区新橋4-31-5
https://cs-gallery.com/access/

会場 お問合せ:「いのちの学校」肥田晴奈
090-7863-8060
harunahida@hotmail.com


☆ 出演者プロフィール

● 三輪福 (舞人)
自然界に満ちる生命の営みと恩恵を独自の感性で拾い、様々な表現に乗せていく活動は多岐に渡る。日本の水晶職人が手がける楽器をメインとした演奏活動の他、近年Cymawaveを融合させた振動性音響の研究、実験にも取り組む。舞人として、全国での奉納舞台、また、様々な様々なアーティストとのコラボレーションも展開。高い即興性と深いスピリチュアリティ溢れる表現で観客を魅了している。1996年より振付家として映画、舞台へ作品多数提供。
ホームページ
http://miwafuku.blogspot.jp

● KNOB(ディジュリドゥ奏者)
25歳の時にオーストラリアにて先住民アボリジニの人々の楽器イダキに出会う。帰国後、独自にトレーニングを重ねる。 この時期、縄文からの日本古来の石笛の存在を知る。 2007年公開のドキュメンタリー映画[地球交響曲第六番]虚空の音の章に出演。 茶の湯の文化、精神性にも強く惹かれ、毎年秋に「雪堂茶会」を行う。 2015年 フランス ルルド、モンサンミッシェル、ハワイ島キラウエア火山 薬師寺天武忌にて献奏。世界最古の祈りの楽器に 日本人としての精神、文化を柱に空洞の木の響きの本質と共に世界各地の社寺、教会、聖地での献奏活動を行ない続けている。
ホームページ
http://knob-knob.jimdo.com/

● BUN(カリンバ&民族楽器奏者)
カリンバ(親指ピアノ)、ネイティブアメリカンフルートなどの民族楽器奏者&カリンバ、絵画、ライトオブジェ創作。世界を旅する中で、自身の音霊に目覚めソロ活動を軸にエスニック アンサンブル ユニットの「KOH-TAO」を主催し、『Earth Conscious』やディーヴァSandiiとのユニット『SandiiBunbun』を結成。フジロックをはじめ国内や海外でのフェスでパフォーマンスとスキルを披露。2017年には東京北区赤羽に『Art&Space Mt.Moom・マウントムーン』をオープンし、ライブやワークショップなどを展開しながら、音楽とアートを発信し続けている。 
ホームページ
https://www.bun-kalimba.net/

共通テーマ:音楽